正論さんの観察~エピソード13.おにぎりと明太子と私~

こんにちは。
withコロナを生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

本当の事だからって言えば良いってもんじゃない

連載している「正論さんシリーズ」
正論さん急増中!~自分の正しさで人を攻撃する人~

私が正論さんについて書く理由

正論さんを手放すと優しい嘘がつける。

正論さんは正論を相手に押し付けますが
本当の事だからといって
何でも正直に言えばいいと言うわけではありません。
時には相手を傷つけないために嘘をつくことも大事。

生きやすい選択肢の一つ

例えば嫌いな人から、飲みに誘われて
「あなたのことが嫌いだから行きたくない」と言ったら
相手めちゃくちゃ傷つきますよね。

「ちょっと予定が立て込んでいて、また機会がありましたら…」
とスルーするのが大人対応なのではないでしょうか。
私は正論さん現役時代は
あなたのことが…をやって炎上していました。

その時々によって相手の気持ちを考えて
より良いコミニケーションを選択した方が
世の中は圧倒的に生きやすいです。

お互いストレスなく付き合える方が
人間関係がスムーズです。

おばあさんのおにぎり

そこで思い出すのが昨年受講した
セミナーで聞いた横浜市大医学部の過去問の話。

【問題】
あなたは高校の教師である。ある日、授業の一環として稲刈りの体験作業があり、
僻地の農家に田植えの体験授業に生徒を連れて出かけた。稲刈りの体験作業の後、
農家のおばあさんがクラスの生徒全員におにぎりを握ってくれた。
しかし、多くの生徒は他人の握ったおにぎりは食べられないと、たくさん残してしまった。
[問1]
あなたは、おにぎりを食べられない生徒に対しどのように指導しますか。

[問2]
あなたはこの事実をおばあさんにどのように話しますか。

(2019年 横浜市立大学 医学部医学科小論文試験 改題)

医学部入試で出た「他人のおにぎり問題」あなたはどう答えますか?

答えが決まっていないけど知識と心の力、判断力を問われる
素晴らしい問題ですよね。

私はコロナ禍でなければ普通に食べますが。
論文形式ではなくサクッと書くとしたら…

[問1]
医学部の問題なので生徒たちには感染、衛生面の話をするとして…
俺が何とかする。おばあさん傷付くから言わないように。
生徒におばあさんの気を引かせて、その隙に穴掘って埋める。

[問2]
美味しく頂きました。
ありがとうございましたと伝える。
ハグする。

それにしても、我々指導者の目から見ると、本問はよく練られ、
医師を目指す受験生の能力・資質を医学の話題を使用せずに探ろうとしている点で良問である。
私が本問に接しまず気付いたことは、医師という職業に従事した場合、
将来遭遇するであろう3つの事項が、課題文の中にさりげなく盛り込まれているということである。

それは、

(1)少数者の人権尊重・擁護に対する考え方、
(2)高齢者に対する意識の度合い、
(3)言いにくい事柄を他人に告白する際の話術の3点である。

~現代ビジネス 医学部入試で出た「他人のおにぎり問題」あなたはどう答えますか?から引用~

この問題を読んで私が思い出す患者さん
よしえさん(仮名)
その方は80代の女性で生涯独身を貫いており
お一人様ライフを満喫されています。

高齢者一人暮らしの方の場合、一日で会話をする人が
私の院の人間だけと言うこともありえます。
そんなことを考えて、日々大切にコミニケーションを取ります。

そのよしえさん、私と会話する時
乙女なんです。
女子スタッフはもちろん、家族の会話ネタにも嫉妬を感じます。

そんな乙女よしえさん。
私に定期的に「ふくやの明太子」をくれるんです。
これがまた美味しい。

頂いたら最大限のオーバーリアクションで喜び
お礼状を書き、次回来院時に食べた感想を伝えるのは当たり前として…

私のコミュニケーションは
・スタッフにおすそ分けしているが言わない。
・家族にすら分けていないと言う。
・美味しくて一人で全部食べちゃいましたよーと言う。

よしえさんは気分を害しません。

男前なら乙女対応

この3つを徹底することで、よしえさんは「うふふ!先生、食いしん坊ね!」と
最大限喜んでくれるのです。
たとえ本当の事ではないとしても
私はこういうコミニケーションを選択したいです。

ここで正論を言ってしまうのは私は野暮だと思います。
目の前の人を喜ばせるために最善のコミニケーションを選択する。
あくまで選択肢の一つです。

私はこれからもよしえさんに幸せな気分で
過ごしてもらうために、乙女対応を徹底してきます。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

facebookはこちら
野上 浩一郎

twitterはこちら
ノガミ@withコロナを生きる、心の整え方

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。