メモをする意味〜忘れるため、忘れる事を許可するために〜

こんにちは。
AI時代を生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

先日の弟子指導。
仕事や生活のリズムが崩れると
少しずつミスが出てきて、ある日突然フリーズ状態。

質問を続けて、その原因にある方法論は「メモをしなくなる」

さらにその根本にある心理的要素は
「ま、いっか」と後回しにしてしまう思考パターン。
それを続けた時のデメリット、それをやめた時のメリットは?

私は自分の頭のワーキングメモリの少なさを
自覚しているので、とにかく何でもメモをします。
そんな時に回している言語は
「メモをしない時は必ず忘れる!」
「早くメモをしないと揮発してしまう!
「覚えておけるだなんて、おこがましい!」
自分を信用しない事です。
また自分を信用出来るようなるための
ルールを決める事です。

とにかく頭は覚える事に使うのは効率が悪い。
考える事だけに使いたいです。
忘れるために、忘れる事を許可するために
私はこれからもメモをし続けます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。