• HOME
  • BLOG
  • 情報発信
  • 今日がもっと楽しくなる行動最適化大全~全てのリソースを集中させるために~

今日がもっと楽しくなる行動最適化大全~全てのリソースを集中させるために~

こんにちは。
withコロナを生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

今日のオススメ書籍

■今日がもっと楽しくなる行動最適化大全
■著:樺沢紫苑
■KADOKAWA (2021/7/8)

私の周りにいる圧倒的な成果を出している人たちの特徴は
やるべきことに集中している。
ここをやれば成果が出るというところに
全てのリソース(お金、時間、労力)を
集中させているのです。

イメージとしては
最小限の努力で成果が出る場所を見極めて
最大限の努力を継続する。
これぞ「行動の最適化」ではないでしょうか。

本著は過去の樺沢先生の著書と比較すると
圧倒的に文字数が少なく、イラスト量が多く驚かされる。
しかし、そのイラストが秀逸で情報量はむしろ多いのでは。
P.262———————————————————–
文章だけで理解するよりも、イラスト、図、グラフなどの資格を
併用することで6倍以上記憶に残るという研究結果があります。
視覚化は脳を、6倍刺激するのです。
〜本著より引用〜
—————————————————————–
最初100ページ近く、イラストで構成されていますが
私は特に「作業興奮」のイラストが深く刺さりました。
P210-211一部抜粋———————————————–
「行動」が先で「感情」は後からついてくるのです。
「やる気が湧かないときは、とりあえずはじめる」というのが、
脳科学的に正しい方法なのです。
〜本著より引用〜
—————————————————————–
私の今の壁は過去に経験のないアクションを起こすこと。
今までと違う結果を出すためには
コンフォートゾーンを抜ける必要があります。
そのためには7つの習慣でよく言われる
「緊急ではないが、重要なこと」
これをやる必要があります。
多くの人は(私を含む)
緊急ではないので、どうしても後回ししてしまい
無理やりにでも「緊急で、重要なこと」を
探してしまうのです。
結果、何か頑張っているけど変わらない。
という変化のない日々が続いてしまいます。
作業興奮は言葉では分かっているが
腑に落ちていなかったのだと思います。
このイラストを見れば
「行動していないから感情が動いていない」
「はじめてみたら、やる気スイッチが入る」
「ルーティンがあれば、やる気が出る」
どうも気が進まないと思っていたことが
不思議と行動できるんですよね。
腑に落ちたという感覚でしょうか。
見開き2ページでこの最適化のインパクト!
最適化するためには
特別な能力が必要な訳ではなく
配置、優先順位、タイミングなどを
少し変えるだけなんです。
そうすることで、仕事、健康、生活の
クオリティやパフォーマンスを
圧倒的に上げることができるのです。

引き続き、情報量の多いイラストを
脳に刷り込ませて最適化を繰り返していきます。

———————————————————-
facebook
野上 浩一郎

Instagram
産後ダイエット@コウ先生

産後ママダイエットブログ
『90日間骨盤リセットプログラム』野上 浩一郎のブログ

twitter
コウ@治療家・産後ママダイエットコーチ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。