正論さんの観察~エピソード14.ゴリ押しする正論さん~

こんにちは。
withコロナを生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

相手の事情より私の正論

連載している「正論さんシリーズ」
正論さん急増中!~自分の正しさで人を攻撃する人~

私が正論さんについて書く理由

正論さんは「自分がこれを伝えるべきだ」と思ったら
ゴリ押ししてしまう。

理由は自分が気に入っているものは
全ての人に役立つと思い込み
相手の気持ちに配慮ができないからです。

他者の視点から見た風景を想像できない人は
自分の視点のみで生きています。

そのため、断られると
「こんなにいいこと教えてやってるのに」
「こっちが親切で言ってるのに」
「なんてやつだ。もう関わりたくない」

などと腹を立てるばかりで、相手の事情は関係ない。

勧誘ブームですか?

コロナに入り、3つの勧誘がありました。
私が隙だらけなのでしょうか…

一つ目はセミナー(教材)
Facebookでも多数の
怪しいセミナーや教材の広告が溢れています。
大変な業種が多いのは確かですよ。

しかし、そんな中コロナを利用して
「これを知らないやつはやばい」等と不安で売りつける。

一時的には売れるのかもしれませんが命を削ってる気がします。
今までの積み上げがあっても、信頼の焼き畑農業のようなビジネスは
私は好きではありません。

二つ目は、宗教。
私は無宗教ですが宗教は一切、否定しません。
信仰をすることで、その人が幸せになったり
向上心や感謝、周りの人たちを大切に出来るのなら
本当に素晴らしいものだと思います。

しかし、「今、コロナが起きているのは◯◯だからだ!」
「今すぐやらないと大変なことになる!」みたいな
根拠のない事を言われてしまうと残念な気持ちになってしまいます。

三つ目、ネットワークビジネス。
ネットワークビジネス自体はビジネスモデルであり
実際に商品が良いものもあります。
うちの母はア◯ウェイの商品とか愛用していますし。

ただ、その勧誘にお金をちらつかせたり
人の大事にしているコミュニティーでやるのは言語道断。
そんな話で私の時間(命)を奪わないで頂きたいです。

受けては冷静

正論さんは本気で良いと思っているのでしょうが
ゴリ押しされる方は冷静。

伝え方が偏っていないか。
相手が本当に必要としているのか。
そもそも、あなたが信頼されているのか。

自分が良いと思ったものを人に伝える時は
相手にとって本当に有益なものなのか。
そして自分自身が人として信頼されているのか。

そう考えることで冷静になれるのではないでしょうか。
常に相手の気持ちや価値観、風景を
考えられる人でありたいですね。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

facebookはこちら
野上 浩一郎

twitterはこちら
ノガミ@withコロナを生きる、心の整え方

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。