• HOME
  • BLOG
  • 治療院経営
  • 私が治療院で紹介状を書き続ける理由~プライドと義務、リスクマネジメント~

私が治療院で紹介状を書き続ける理由~プライドと義務、リスクマネジメント~

—————————————————-
【当院のウイルス対策】
①スタッフ全員のマスク着用
②治療スタッフ治療前後の手指消毒
使い捨てフェイスペーパーの使用
④毎回治療後に枕、胸マット、ベッドの消毒
クレベリン、オゾン発生器の設置
⑥布シーツではなく拭き取れる抗菌銀マットを使用
⑦加湿空気清浄機と加湿器の
2台体制で空気中の感染力が下がる
湿度50~60%を保っています。

—————————————————-
こんにちは。
バランス整骨院 中原
院長の野上です。

当院は患者さんに紹介状を書く機会が多いです。
私が国家資格を取ってから過去、勤務していた治療院と比べると10倍以上。
なぜ、治療院で紹介状を書く必要性があるのかは以下の3点です。

①治療院に行くと決めるのは素人の患者さん

患者さん自身が痛みを訴えて、治療院で良くなると考え来院されます。
しかし、治療家がどのような治療をするかを決める前に
まず、治療院に来るべき患者さんかどうか
見極める必要があります。

そして、治療院に来るべきではない患者さんと判断した場合
適切な医療機関に送るため、紹介状を書きます。

②治療院よりも適切な処置がある場合

治療院で治療が出来る症状でも病院に行って処置をした方が
早く良くなる場合もあります。
私は開業5年目で近隣医療機関とのネットワークが
出来てきたので信頼出来るドクターに紹介状を書きます。

ゴールはどちらが患者さんにとって
どちらが早く痛みやストレスを緩和出来るか。
病院での薬物療法と平行して、治療をする事もあります。

③命に関わる疾患の場合

かなりレアケースですが命に関わる疾患の兆候が
治療院に来るような症状として「出てしまう」場合があります。
そんな時は迷わず、適切な医療機関へ。

私は以前に危ない疾患と判断して救急車を呼んで救急搬送。
「脳梗塞」の診断が出た事もありました。
ちなみに一刻を争う時は紹介状は書きません。

まとめ

この3点を常に頭の片隅に置くようにしています。
実際は90%以上が治療院で治療が出来る患者さん。

しかし、残りの数%の患者さんを絶対に見逃さない覚悟で
現場に立つことが人の身体に携わる仕事をやる上での
プライドと義務、リスクマネジメントであると私は考えます。

もし、あなたが治療院の現場にいて月に1度も紹介状を書かない場合
何らかの疾患を見逃している可能性があるのではないでしょうか。
あくまで確率論ですが…

今後、定期的に紹介例、紹介状、ドクターからの返信を
ブログで情報発信をしていきます!

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

【4月のお知らせ】
4月10日(金)午前は
院長不在とお知らせしましたが
通常通り勤務になりました。

また4月29日(水・祝)
休まず診療しています。
受付時間は9:00~13:00まで。
スタッフ一同お待ちしております。

【3月の混雑状況】
こちらです。

当院は予約制ではなく仮予約制です。
詳細はこちらです。

バランス整骨院 中原エキテンページ

不明.png

【国内最大級】店舗の口コミ・ランキングサイト
エキテンにて『中原区✕接骨・整骨』
口コミランキング1位になりました。
バランス整骨院 中原
↑↑↑↑ホームページはこちらをクリック♪

〒211-0041
神奈川県川崎市中原区下小田中
2-10-26第5中原ビル1F
TEL/FAX 044-872-7775

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。