すばらしき世界〜生きづらさと矛盾〜

こんにちは。
withコロナを生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

観てきました。
『すばらしき世界』
〜画像はワーナー・ブラザース公式サイトから引用〜

元殺人犯でありながらも根は優しくて真っすぐで
かわいらしい面を持つ三上。
刑務所から出て、生きづらい世の中に苦しむ。

そんな中でも彼を助けようとする温かい人達。
葛藤する三上。
「娑婆は我慢の連続ですよ。
 でも、空は広いち言います。」
最後は救いがあるのか、ないのか
観る人によって分かれそうですが
私はあねごのセリフを想起させるシーンがあり
救われているのでは、と思いました。

スーパーの店長が差し伸べた手を引こうと思ったが
グッと堪えた数秒の演技はグッときました。
散々な状態のときにこそ、
思わぬ人から温かい言葉をかけられた経験は
誰にだってあるはずです。

同時に人間の社会は残酷で汚い心も
重なって成り立っている。

それぞれが生きづらさや世の中の矛盾と戦っている。
そんな問題提起を感じる作品でした。

———————————————————-
facebook
野上 浩一郎

Instagram
産後ダイエット@コウ先生

産後ママダイエットブログ
『90日間骨盤リセットプログラム』野上 浩一郎のブログ

twitter
コウ@治療家・産後ママダイエットコーチ

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。