汚字さん~相手の手間と時間~

こんにちは。
AI時代を生きる、心と身体の整え方
野上浩一郎です。

毎日、スタッフが書いてくれる日報を
確認していますが弟子の字がずいぶん綺麗になりました。

うちに入社した頃は活字が彼を訴えたら
即死刑を宣告されるレベルの汚字。
毎日の漢字ドリルとユーキャンボールペン字講座の継続が
ようやく実を結んで来ました。

どういう訳か治療家は汚字率かなり高め。
特に柔整師は汚字さん70%ぐらい←ざっくり
元々、習字を習っていた等の条件で
字の綺麗、汚いはありますが
誰でも「丁寧」に書くことは出来ます。

考えなくてはいけない事は字が汚いと
相手に余計な読む手間と時間を掛けさせてしまう事。
そこまで思いを馳せられるか。

そういう姿勢が仕事や治療に出るかと言うと
めちゃくちゃ出ます!
これからも読む相手にノンストレスな字を心掛けます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。